2013年10月18日

「言葉を探しに来たな」

「言葉を探しに来たな」

50歳を前に叩いた大学院の門。
ある教授にそう言われた。

その時から「言葉」というものを意識し始めた(なんと遅い気づきか!)。

そして、「言葉を探すとはなんだろう」という新しい問いを立てることになった。
語彙力をつけ、難しい言葉の意味が解り、言語化する能力も高めること‥?

どうも違う。
そんなことではない気がする。


最近、「言語化する」という表現をしたりされたりすると変な違和感の残滓を感じる。
結論を急がせる/急がされるような、可能性を閉ざす/閉ざされるような、あと半分残っている大好物を食べ残すような、そんな違和感である。

では、残りの半分とはなんだろう?



「言語化する」つまり「言葉にする」ためには、思いなり考えなりを取捨選択・整理・まとめたりして結構なエネルギーが必要となる(今、私はそれをやっているのだ)。
しかし、日常生活ではそんなエネルギーは、そうそう使わない。なんとなく言葉を使っていても困ることは少ない。日常生活では非言語が補って「言葉にしてくれている」からだろう。「言葉にする」のではなく「言葉になる」のである。

コミュニケーションを手伝い社会的な繋がりを支援する仕組み(ソーシャルネットワーキングサービスを直訳すればこうなりますか?)=SNSの多くでは「言葉にする」ことを非言語が補ってはくれない。
つまり「言葉になる」状況は期待できない。言い換えればSNSの中の私たちは半分しか生きていないのだ。

生活の中では「言葉にする」場面と、「言葉になる」場面とがあり、その両方で生かされている。
「SNSは、どうも苦手」という人達は、時代遅れなのではなく「半分では嫌だ」という意思表示をしているのではないだろうか。



言葉には「言葉にする」と「言葉になる」との活用形がある。

私はそのことを探していたのだろうか。
つまり、あの教授の「言葉を探しに来たな」は、「言葉の正体を探しに来たな」だったのかもしれない。

__.JPG



posted by となりのトヨロ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉の吟味から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

アローチャートのアプリ値下げ(期間限定)のお知らせ

アローチャートを描くためのアプリ「Arrow Chart for iPad」 を...
http://www.digitalize.biz/news/2012/05/ipadarrowchart.html

第1回 全国アローチャートミーティング(8/10-11横浜)の開催記念として
通常5,700円のところ、1,000円に!
値下げ期間 2013.8.9−2013.8.15 (1週間)

注)iPadやiPadminiでは使えますが、iPhoneでは使えません。

アローチャートミーティング↓
http://toyoro.seesaa.net/article/347296959.html

__.JPG



posted by となりのトヨロ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | iPad アプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

課題整理表(仮称)を書いてみた。

まだ正式な報告書が出ていないが、「課題整理票(案)・評価表(案)実証事業報告会」で示された様式が手元にあったので試しに記入してみた。

やはり「※4欄をどのように書き、ニーズ欄に繋げていくか」がキモである。

全体像は@円環的因果関係があり、Aアウトライン構造を持っているので、
それを踏まえて※4欄を書いてみた。

この欄は、「何をどう潰せば全体像はどう変わるのか」ということを書く欄なので
「何を潰すか」をノード(見出し)として -0 で表現してみた。

「書き方的」な研修や出版物が又候出てくるだろうが、どうか「構造」に着目することを忘れないで欲しい。

__.JPG


課題整理表(事例記入).xlsx

posted by となりのトヨロ at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アセスメント・ニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

改善可能性と支援

「課題整理票(案)・評価表(案)実証事業報告会が開かれてから
FacebookやTwitterでも、課題整理票(仮称)の話題が出始めてきました。
☆詳しくはこちらを↓
http://shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-536.html

課題整理表は、
第二表に書かれたニーズをニーズとした思考過程や根拠を「整理」するための
ものであって、今後あらゆる場面で活用されることが予想されます。

これから先、また「書き方」に関する書籍や研修会など賑やかになってくるのでしょうが、
それらが表面的なノウハウを紹介するだけのものにならないことを願ってやみません。

なぜ課題整理表を追加しなければならなかったのかという背景、
課題整理票と第二表がどのようにつながっているのかという構造や理論、
等を理解してうえで「書き方」をマスターしなければ、結局は「仕事が増えただけ」
という事態になることは明らかです。

「見通し ※4」という欄が設けられていますが、この欄がキモになることは間違いないでしょう。

また、もう一つは「改善可能性」という考え方も大切になります。
特に、行われる「支援」との関係を介護支援専門員は整理しておく必要があります。
試論ですが、図を掲載しましたのでご参考にしてみてください。
「点線矢印で示した部分をどのように考えるか」ここが「評価」の中心になるのではないかと
(今のところ)考えています。

また、皆さんのお考えをお聞かせください。

改善可能性評価と支援.pdf

__.JPG
posted by となりのトヨロ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジメント考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

介護過程のアセスメント

介護過程のテキストは色々出版されている。
数冊を手にとってみると、内容の違いに驚かされる。
まさに構築中なのであろう。

介護福祉士という専門職養成課程の中核となるものであるから、
福祉理論が練りこまれたものであって欲しいと個人的には願う。

拙論を書く。書くが、門外漢なので辻褄があわない話になるかもしれない。
だから、こちらも構築中ということで大目に見ながら読んで欲しい。

岡村重夫のいう「役割実行」という視点をアセスメントに持ち込めないかという拙論である。
「役割期待」ではなく「役割実行」である。

これまでのアセスメントは、「できる/できない」がベースになってきた。
今流行りの(?)改善可能性も、やはり「できる/できない」から出発する。
この「できる/できない」は、社会関係の客体的側面から規定されるもの(役割期待)で、
福祉固有の視点とは言えないのではないかと考える。
「固有の視点ではない」とは、福祉専門職以外でもできる/やっているということである。

介護福祉士を想定した介護過程確立には、福祉の固有性を基礎とすべきだろう。
岡村重夫は主体的側面からニーズ捉えることが社会福祉固有の視点という。
であれば、主体的側面からの発想が基盤にあるべきだろう。

つまり、社会資源側からバラバラに(社会資源同士無関係に)要求される「役割期待」ではなく、
社会関係を自分のものとして統合調和させ実行するという「役割実行」が主体的側面である。

おそらく、この「統合調和」から「実行」へと流れていく営為が生活であり、
そこへ向けての支援/援助のための評価が介護過程のアセスメントとなるのであろう。

社会関係の二重構造の内、主体的側面とADL/IADLのクロスがアセスメント項目となるのかもしれないが
これから先は未整理である。

「役割期待」と「役割実行」の関係を図解(落書き)したのでアップしてみる(ご笑読を)。

新規ドキュメント20130329160520516.pdf

__.JPG
posted by となりのトヨロ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 事例検討会での学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

これからの「地域包括ケア」公開フォーラム

2013年6月23日(日)
東内京一氏をお招きし、
島根県松江市で公開フォーラムを行います。

・地域ケア会議
・地域包括ケア
・課題整理表(仮称)
などの輪郭が見えるはずです。

お誘い合わせの上、お越しください。

これからの「地域包括ケア」公開フォーラム_開催要項兼申込書.pdf


__.JPG
posted by となりのトヨロ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

第一回 アローチャートミーティング in 横浜

全国のあちこちで、「アローチャート!」と言ってくださる方々が少しずつではありますが、増えてきました。
その一方で
「こんな使い方でいいのだろうか?」
「この描き方でいいのだろうか?」
「描いた後、ケアプランにどのように繋げていけばいいのだろうか?」
「吉島の本は買ったけどイマイチわからない!」
「アローチャートって検索するけど、よく分からない。誰に訊けばいいの?」
等々のお声もあるようです。
そこで、このような声に応えるためにアローチャートミーティングを企画しました。
お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

太田貞司 先生の特別講演や、高野龍昭 先生の教育講演もあります。

JACチラシ.pdf

__.JPG


posted by となりのトヨロ at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

研修情報のFacebookページ公開!

アローチャートの研修情報を掲載するFacebookページを公開しました。
ARROW CHART Meeting で検索してくださいひらめき
http://www.facebook.com/ArrowChartMeeting

__.JPG
posted by となりのトヨロ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

それぞれの言葉で...

今日は横浜でこのような発表をしてくださっている方がいます。
http://www.facebook.com/ajax/messaging/attachment.php?attach_id=2d40dd9605e44ab39c09dcb1d7de1a50&mid=mid.1362189321413%3A57497b0b9be5944905&hash=AQAVUbNrVjJkeuYJ

「アローチャートとは」というキーワードで検索をしてくださり、
ここにたどり着かれた方もたくさんおられます。 
ありがとうございます。
ブログや拙著やFacebookでは、なかなか「ストン」とくる理解ができなかったかもしれませんね。
ごめんなさい。

ですから、時間を見つけなるべく多くの方とお会いして語り合いお伝えしていこうとやってきました。
もちろんこれからもそのつもりですが、長時間の移動に体が悲鳴をあげることも出てきました。

そんな時に今日のような発表は、本当に嬉しい限りです。
なぜなら、発表される方は、彼/彼女自身の言葉で語ってくださっているはずだから..。

流派という言葉があります。○○流とか、△△派とかいうあれです。
これらは、時間の経過と共に枝分かれしたり、途絶えまた復活したり、対抗するものが登場したり..そうして連綿と続いていくものでしょう。
つまり、その時々の時勢に馴染むべく工夫が加えられ伝えられるのです。揺らぎが発生するのです。
逆から言うと、この揺らぎがなければ残っていかないのではと考えています。

ですから、それを伝える人は「それぞれの言葉で」語って欲しいと願います。

尾渡さん、村木さん、ありがとうございます。
今日の発表会が成功しますように。

__.JPG

posted by となりのトヨロ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 随感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

居宅サービス計画書作成の手引 記載要領(厚生労働省通知)より

「対応して」の意味

記載要領(厚生労働省通知)には、課題と長期目標の関係について「対応」という言葉を二度も使って説明している。

「対応」とは、「二つの物事が互いに一定の関係にあること」(大辞林)であるが、いかにも言葉不足だ。

「関係してるよ〜」と言ってはいるが、どのような関係なのかという説明が少ない。

実地指導やケアプラン点検でも(おそらくこの文脈で)「ニーズと長期目標の整合性がとれていない」という指導等が行われていると聞く。その場合、次のように訊ねてみてはどうだろうか。

相手「ニーズと長期目標の整合性がとれていませんね」
貴方「ご指摘ありがとうございます。早速改善したいと思いますので教えていただけますか? ニーズと長期目標の整合性って何ですか?」
ストンと落ちる説明が帰って来たら教えて欲しい。(僕もその方に会いに行くはずです)
おそらく、「辻褄が合う」等と別の言葉に置き換えたりしてお茶を濁すのではないだろうか。

ここを論理的に整理する必要がある。

島根県、鳥取県、宮崎県、大分県、川崎市での介護支援専門員専門研修課程U(更新研修)や、
千葉県主任介護支援専門員ネットワーク等その他の研修は、ここを抑えつつ研修を行っている。

ここが揺らぐと、介護支援専門員の未来は無いとさえ思う。

ケアマネジメント向上会議においても、僕の発言はこの一点である。
【参考】
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002f6f6-att/2r9852000002f6hs.pdf
http://shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-457.html

__.JPG


posted by となりのトヨロ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アセスメント・ニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。