2015年07月16日

地に足がついた「事例検討」を探して。 SAPACの挑戦!

さぁ、事例検討会を始めましょう!

僕が事例検討で大切にしたいのは「根拠」「思考過程」「共有」です。
これ、キーワード。
覚えておいてくださいね。

ホワイトボードを3台ご用意ください。

事例の紹介資料は必要ありません。
ライブでいきましょう!

3台のホワイトボードの真ん中には、「分析(アローチャート)」を描きます。
ファシリテーターが描くのですよ。


フロアから見て、左側には「基本情報」を書いていきましょう。

そして、ここからが大切!
フロアから見て、右側のホワイトボードには主観的事実とそれに紐つくご本人の《歴史》を描いていきましょう。

右側のホワイトボードの中には、ご本人を理解するためにとても重要な情報が埋蔵されています。
そして、3台のホワートボードの情報がつながった時に、初めてクライアント理解に少し近づくことができるのです。ファシリテーターの腕の見せどころですね。

このメソッドを「アセスメントプロセス共有(Sharing Assessment Process by Arrow Chart=
SAPAC:サパック)事例検討会議」と命名しました。

2016年からは、サパックファシリテーターの養成プログラムを提供していこうと準備をしています。

3台のホワートボードを行き来しながら、事例提供者からの情報を描き分け、思考のヒントを与えることができる...そんなファシリテーターを全国各地で養成していきたいと思います!

__.JPG
posted by となりのトヨロ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 事例検討会での学び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。