2014年05月05日

「共通言語」ではなく「言語共通」?


社会保障制度改革国民会議報告書(2013.8.6)を眺めると、日本の人口構造を背景にかかる制度の逼迫感は尋常ではない。これは、(現役世代としてはとても申し訳ない話だが)後世に遺してしまう大きな課題のようだ。

人口減少が不可避であるものとして認識される中、高齢者とそれを支える世代との比率を念頭に現実的な状況を伝えつつ、支える世代側の生活も希望のあるものとして提案しなければならない報告書を作成するというミッションを(おそらく)与えられた、作成メンバーの苦悩が行間から滲み出る。

報告書では、地方行政の主導に大きな期待を寄せながら、地域特性を踏まえた「地域診断」と、それを根拠とした(経済的に)効率の良い施策の展開を色々な表現で伝えようとしているようにも思える。

そうしたときに叫ばれるのが「連携」とか「ネットワーク」というフレーズであるが、その文脈でしばしば用いられる「共通言語」という言葉には注意が必要だ。さて「共通言語」とは何か。その本質に接近するためには「言語」の意味を吟味しておく必要があろう。

たとえば自分以外の誰かが駆使する言葉の意味が、単語レベルで分かるということが「共通言語」の目指すところではない。このように認識していうと、「福祉職が医療職の使う専門用語を理解しなければならない」というような枝葉末節的なトレーニングが展開されることになる。もちろん、理解していないよりしていた方がよいのであるが、本質はここではない。本質は、言葉の意味が分かった後に控えている。
 
地域のネットワーク構築や連携で、特に専門職がまず共有していかなければならないのは、誰かが発した単語の意味ではなく、その単語によって編まれていく「判断」や「解釈」や「推論」である。つまりは「思考」である。そして、議論しなければならないのはその正誤、真偽、確実・不確実性である。
したがって、「共通言語」の「言語」とは、専門用語や単語の意味ではなく(もちろんそれを理解したうえで)、それらによって組み立てられた「思考」を検証するための具体的な方法やフレームを意味する。
思い切って言い換えると(日本語表現としては不適切だが)、「共通言語」ではなく「言語共通」としておいた方が本質を見誤らないのかもしれない。
__.JPG





posted by となりのトヨロ at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉の吟味から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。