2013年05月23日

改善可能性と支援

「課題整理票(案)・評価表(案)実証事業報告会が開かれてから
FacebookやTwitterでも、課題整理票(仮称)の話題が出始めてきました。
☆詳しくはこちらを↓
http://shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-536.html

課題整理表は、
第二表に書かれたニーズをニーズとした思考過程や根拠を「整理」するための
ものであって、今後あらゆる場面で活用されることが予想されます。

これから先、また「書き方」に関する書籍や研修会など賑やかになってくるのでしょうが、
それらが表面的なノウハウを紹介するだけのものにならないことを願ってやみません。

なぜ課題整理表を追加しなければならなかったのかという背景、
課題整理票と第二表がどのようにつながっているのかという構造や理論、
等を理解してうえで「書き方」をマスターしなければ、結局は「仕事が増えただけ」
という事態になることは明らかです。

「見通し ※4」という欄が設けられていますが、この欄がキモになることは間違いないでしょう。

また、もう一つは「改善可能性」という考え方も大切になります。
特に、行われる「支援」との関係を介護支援専門員は整理しておく必要があります。
試論ですが、図を掲載しましたのでご参考にしてみてください。
「点線矢印で示した部分をどのように考えるか」ここが「評価」の中心になるのではないかと
(今のところ)考えています。

また、皆さんのお考えをお聞かせください。

改善可能性評価と支援.pdf

__.JPG
posted by となりのトヨロ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ケアマネジメント考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック