2013年03月02日

それぞれの言葉で...

今日は横浜でこのような発表をしてくださっている方がいます。
http://www.facebook.com/ajax/messaging/attachment.php?attach_id=2d40dd9605e44ab39c09dcb1d7de1a50&mid=mid.1362189321413%3A57497b0b9be5944905&hash=AQAVUbNrVjJkeuYJ

「アローチャートとは」というキーワードで検索をしてくださり、
ここにたどり着かれた方もたくさんおられます。 
ありがとうございます。
ブログや拙著やFacebookでは、なかなか「ストン」とくる理解ができなかったかもしれませんね。
ごめんなさい。

ですから、時間を見つけなるべく多くの方とお会いして語り合いお伝えしていこうとやってきました。
もちろんこれからもそのつもりですが、長時間の移動に体が悲鳴をあげることも出てきました。

そんな時に今日のような発表は、本当に嬉しい限りです。
なぜなら、発表される方は、彼/彼女自身の言葉で語ってくださっているはずだから..。

流派という言葉があります。○○流とか、△△派とかいうあれです。
これらは、時間の経過と共に枝分かれしたり、途絶えまた復活したり、対抗するものが登場したり..そうして連綿と続いていくものでしょう。
つまり、その時々の時勢に馴染むべく工夫が加えられ伝えられるのです。揺らぎが発生するのです。
逆から言うと、この揺らぎがなければ残っていかないのではと考えています。

ですから、それを伝える人は「それぞれの言葉で」語って欲しいと願います。

尾渡さん、村木さん、ありがとうございます。
今日の発表会が成功しますように。

__.JPG

posted by となりのトヨロ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 随感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/338958685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック