2010年12月19日

時間や場所を超えよう

朋あり。遠方より来たる。亦た楽しからずや。
・・・でしたっけ? 確か、論語ですよね。

先方が「朋(友)」と思って下さるか否かはおいておきますが、少なくとも「遠方」より来てくださいました。

わずか2時間少々の事例検討会に、往復約1000kmを運転して…。
そう、愛媛県から山口県までです。

本当にありがとうございました。

さすがの僕も「何とかせな!」と考え始めました。
離れた場所でも事例検討会ができないか…。

今、試行錯誤しています。
幸いにも北海道に同じようなお考えをお持ちのスーパーバイザーがおられ、彼の指導のもと、誰もが無料で参加できる方法を構築しつつあります。

ヒントは、SkypeとかGoogleというキーワードにあるようです。 ロートルには、そろそろ理解不能な世界に入りつつあります。

何か閃いた方は、是非ともご連絡をくださいませ。
きっと、時間や場所を超えるメソッドがあるはずです。 よろしくお願いします。

__.JPG



posted by となりのトヨロ at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 随感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
先日はおじゃまいたしました。
そしてありがとうございます。
事例検討会に出るたびに、違うアローチャートを見ている気分です。次々と扉があいていくような。

とっても遠かったですが、雰囲気良く受け入れていただいて、面白かったです。
この「面白かった」が私の場合、大事でして、楽しんで行っていますので、御心配はなさらないように、お願いします。

Skypeなんて、時代の先端を行っているようでわくわくしますが、四国からお嫁にいらした方や地域包括のサスペンダーの面白そうな方に会えるのも、それ以上に楽しみではあります。
道路では困難だとわかりましたが、まだ船はあきらめていません。
Posted by 愛媛から at 2010年12月20日 15:45
追伸
「朋」なんて無理です。

toyoro先生は師匠だと思っております。
ふつつかな弟子ですが、愛媛に「アローチャート」を広めようと頑張る覚悟です (^^)
Posted by 愛媛から at 2010年12月20日 15:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック