2010年09月10日

社会福祉の固有性

一人の女子大生がいたとする。

彼女は、この夏、大学のサークルでキャンプに行った。
そこで事件は起こる。

小さな池に入ってはしゃぐ友人を見ていた時、
先輩に後ろから押され、自分も池に入ることになる。
しかし、ポケットには携帯電話が・・・。

携帯電話は、使えなくなりデータも消失してしまう。
先輩は、謝りながら「弁償する」と。

ここから、携帯電話再調達プロジェクトが始まる。

この際D社からa社かS社に変え、新規購入とした方が安くつくのか?
D社のまま、二台持ちにして、新規購入とした方が安いのか?
ポイントを使って機種変更した方が有利なのか?
先輩は、損害賠償保険に入っていないのか?
等など、検討が始まる。
大切な検討である。

しかし、違う角度からの検討もある。

先輩に押されたことを彼女はどのように考えているのか?
もし、弁償してもらうと気まずくならないのか?
決して安くはない携帯電話を(親に)再調達してもらうことについて、
彼女はどういう気持ちなのか?
それらは総合的に、新しい携帯電話の価格帯に影響するのか?

差し詰め、前者が「制度論」、後者は「対象者論(技術論)」であろう。

問題を解決するためには、両方が必要である。
が、どちらから考えていくのか、によって専門性が変わってくる。
前者は、携帯電話のショップの方が明るい。
後者は、友人や親はアプローチできるが、ショップでは関心が無いはずである。

社会福祉の固有性は、後者にある。
制度論だけであれば、勉強した政治家でもできる。
過日のブログに、専門性の軸のひとつに「固有性」があると書いた。
http://toyoro.seesaa.net/article/161930367.html
もし、「そのココロは?」と尋ねらるのであれば、この点を述べることになろう。


【参考】「社会福祉原論」.岡村重夫


__.JPG
posted by となりのトヨロ at 10:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会福祉原論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まえから
「技術論に基づく制度論を」
といった趣旨のお話をされてきましたね。

専門性の軸の中の「固有性」を
このような事例で話されるとは!

あたかも
かのサンデル教授の哲学
の講義のようです。

具体的な事例をあげられながら
論理的な思考の訓練も投げかけられる。
安易な解答は問題提起者ももちあわせない・・

私がこのところ
(制度論の国際比較をする)「わたしの時代」が終わり、余生を「介護現場で働く人たちから提起される制度・政策論」の隊列の最後尾でよいからついていこう・・

という視点の変化を経験しつつある
ということともみあった話ですね。

うーん
詳しくは
9月17日、岡山で岩清水氏を交えて
続けましょう。
Posted by bonn1979 at 2010年09月10日 11:38
bonn先生
サ・サ・・サンデル先生とは、とんでもないッ!!!!

私が心配しているのは、現場が「技術論」を語らなくなったということです。
「制度論」も当然重要なのですが、問題はその偏りなのかな、と感じています。
Posted by トヨロ at 2010年09月10日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。