2010年09月08日

介護の専門性を考えるために

先日来、「介護の専門性」について、ブログやツイッターで意見交換されていた。
少々機を逸した感もあるが、尻馬に乗ることをお許しいただきたい。


クリックしてください↓
介護の専門性.pdf

「介護」の専門性を考える前に、まず一般論として、職業・職種の専門性を考えてみたい。

その専門性は、二軸で整理すると考えやすいのかもしれない。

一つの軸は、「科学性」であり、二つ目の軸は「固有性」としてみた。
この二軸は、相互に関連もあるはずなので、直交させてもよいものか悩んだが、
今回は、介護の専門性を大掴みにすることを優先させた。

「科学性」は、遂行する業務の根拠を明らかにし、反証可能性を携えている度合いとし、
「固有性」は、他の職種が持ち得ない、独自の理論・哲学(倫理)を持つ度合いとした。

上の図は、「科学性」をY軸に、「固有性」をX軸にとり、
Aの部分に近づくほど、その職業・職種の専門性が高いとした。

業務独占・名称独占は、Aに近づいた結果、「外から与えられるもの」(※1)と整理し、
専門性の条件とはしなかった。

さて、介護の場合であるが、「固有性」に関しては、
「看護」との協働・棲み分けという点が未整理であるため、
固有性が高いとは残念ながら言いがたい。

「科学性」に関しては、
養成課程・研修等に関わっていて、ようやく緒に就いたという感想を持っている。〔ベクトル1〕

介護の専門性は、ベクトル1とベクトル2の合成力で高まって行くと考え、
それを整理しながら議論をするとよいのではないだろうか。

但し、ブログ等で議論されいた医療行為については、
「固有性」「科学性」双方の要素があると思われる。
こうした場合も、どちらからの議論なのかを明確にしておく必要があるのかもしれない。

__.JPG







posted by となりのトヨロ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 随感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161930367
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック