2010年08月03日

最低でも、大づかみにしておこう

まず、大づかみにしましょう。

「地域包括ケア研究会 報告書」のことです。

この報告書には、
2025年の医療・介護・福祉に関する地域の姿が描かれています。

そして、平成24年度からの新しい介護保険制度の
青写真であるとも言われている。
※こんな、サミットも開催されるようです。
http://www.town.higashiura.aichi.jp/07fukushi/kaigosummit/documents/chirashiomote1.pdf

これは、見ておく必要があります。
専門職としてはもちろんですが、
地域住民としてもしっかり読んで、
自分の生活設計に役立てる必要があります。

報告書は、パソコンがあれば入手できますが、
読んで解釈していくのはけっこう大変です。
http://www.murc.jp/report/press/100426.pdf

特に、小さな規模の事業所では、
「ねえねえ、これどういうこと?」と尋ねる相手もいなければ、
時間も無い。

そこで、お勧めは、
「月刊 ケアマネジメント 8月号」
IMG_0486.JPG

うまくまとめてあって、
社内研修などにも使えるのではないでしょうか。

2025年の姿が大づかみにできます。
検討部会の座長のお話、
学識経験者が報告書をどう読んでいるのか、
2025年を見据えた実践事例等も掲載されています。

今できること。
それはまず、
みんなでイメージを共有することが大切ではないでしょうか。
posted by となりのトヨロ at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域包括ケア研究会 報告書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
学識経験者のひとりです(笑)。

…誌面では、キツいことを言い過ぎて、
みなさんの気分を害していないかと、
少々反省しております。

ま、これが私の「芸風」なので、お許しください。

ただ、この報告書では、
ケアマネジメントについて、ポジティブな記述が少ないのは事実かと。

…いかがですか?
Posted by 高野龍昭 at 2010年08月04日 10:18
高野龍昭 さま
「意気込みと技量」の箇所は、思わず本を置き、自分の現場時代のことを思い起こしていました。
確かにケアマネジメントを担うのは、地域包括支援センター、行政職員、利用者自身、介護支援専門員というふうにも読め、水で薄くなったカルピスのような感じですね(表現に問題ありか?)
ムム?という胸騒ぎです。

☆別件。先日お電話したのは、おっしゃる通り「飲み会」のことです。どこらあたりに宿を取ろうかと、それもあって電話しました。
一日目は学会会場近くで、二日目は川崎の近くを考えています。どりーむさんにもお引き合わせしたくて、いろいろ画策しています。
Posted by トヨロ at 2010年08月04日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。