2010年07月27日

妹になってしまった私の母さん

下関市のケアマネ協会からお知らせが来ましたので、転記します。
いつも、私の研修でお話する本です。

IMG_1241.jpg


『父は半身不随 母はアルツハイマー 壮絶な介護を乗り越えた娘
〜同時介護10年の記録〜』

下関市在住で、著書『妹になってしまった私の母さん 〜母と私の介護日記〜 』
やキャッチボールの会(認知症家族会)等でご活躍の高玉多美子の介護再現ドラマが放映されます。是非ご覧下さい。

7月28日(水) 21:00〜23:08放送
ザ・ベストハウス123(フジテレビ)
posted by となりのトヨロ at 20:20| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このテレビは たまたま見ていて仲間にも連絡して 見ました 本を読んでいた為 よく解り 実際のビデオ等も出ていて 勉強になりました
こうゆう認知症の方を見て「可愛いらしいな」と感じてしまいますが 失礼な感情ですね
可愛いらしい ほほえましい 喜ばせたい
と つい感じてしまいます やはり子供の様に振る舞う姿を見ると 弱く小さい者 の様に感じ 介護士の立場でありながら 母性に支配される自分を感じます 幼児語を使う事は有りませんが 相手は どう感じておられれのかなとゆう気はします
気持ちの切替が必要ですね
Posted by 整体師 at 2010年08月07日 17:02
整体師 さま
コメントありがとうございます。
振る舞いに現れたり、口に出して言ってしまうと、「失礼」ということになるかもしれませんが、感情は自然なものですから、いいのではないでしょうか。むしろ、プラスの感情としてお仕事の底流に置き、活用できれば素晴らしいことだと思いますよ。
Posted by トヨロ at 2010年08月14日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。