2010年06月08日

宮城県版アセスメントシートに拍手!

「月刊 ケアマネジメント 6月号」に、「宮城県版アセスメントシート」の特集記事が掲載されていた。

とてもいいシートだと思う。

このシートの最も評価されるべき点は、「課題検討用紙」の存在である。

アセスメントは、「情報収集」、「分析」 という二つのステップで構成される。 ところが、「情報収集」のステップで得られた情報を、コンピュータに入力して「分析」のステップをコンピュータに肩代わりしてもらっている介護支援専門員が多いのではないだろうか。

コンピュータというものは、使う者からすれば出力さえしてくれれば、その過程は二の次でよい、と思わせる装置である。つまり、介護支援専門員は、「分析」の過程より、出力される「利用者のニーズ(案)」に関心が強く偏るのである。

仮に、コンピュータから出力された(案)に修正を加えたとしても、「分析」という作業の大部分を機械に依存し、その過程から介護支援専門員は遠ざけられた状態なのである。(白澤政和先生は、ブラックボックスと表現しておられる)

その点、この「宮城県版アセスメントシート」の「課題検討用紙」は、この「分析」ステップを手作業で行うことにより、介護支援専門員は自らの思考過程と向き合うことが可能になる。
また、その過程が文字として残されるため可視性が高く、事例検討や適正化事業などにも使えるのである。

とても優れたものだと思う。

エールを送り、今後の更なる改善を期するという意味で、敢えて4点の投げかけをしてみたい。

1)「分析」ステップというものは、「全体関連性を検討する」ということである。表形式のものは、この全体関連性を表現することに限界があり、その点をどのように工夫するか?

2)「課題検討用紙」の内容は、第二表他に転記することになるが、その点で介護支援専門員の負担感は無いのか?

3)自立支援の観点からも、ケアマネジメントプロセスのすべてに、利用者・家族が参画できるようにすべきである。「課題検討用紙」は、これまでブラックボックスに入っていた過程を取り出したことになるが、この用紙が参画する利用者・家族の目にどのように映るか?やや難解ではないか?

4)主観的事実(利用者の想い、価値観、感情等)を扱うフレームと、他の情報とのフレームが、全体関連性を検討するという構えでは無く、「一致」という処理をするだけになっているが、今ひとつ深める必要があるのではないか?

拙著「アローチャートでケアマネジメント!」をお持ちの方は、p30,pp34-35,pp102-105をご参照ください。
posted by となりのトヨロ at 11:04| Comment(4) | TrackBack(0) | アセスメント・ニーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日「妹になってしまった私の母さん」を読みました 少し泣きました そして先生の著書も今の私には難しいかも知れないと知りつつ取り寄せを頼みました 楽しみです
Posted by 昨日の受講生 at 2010年06月08日 21:45
私も「妹になってしまった私の母さん」を本屋で在庫切れの為注文し、やはり待ち切れずに帰りに図書館で借りて読みました。綺麗事でも理想の介護の手引きでもなく、ただリアルで、でもそれが私たちに訴えかけてくるものはとても大きいです。失礼ですが・・・先生は映画会社や出版社の営業でもご飯食べていける方ではないかと思います(^▽^)私、先生にもし壺を売りつけられたら買ってしまいそうです。
Posted by こんな方が上司ならと思った受講生 at 2010年06月10日 20:02
昨日の受講生 さま
拙著まで!? 恐縮です。 分かりにくい所がありましたら、ご連絡くださいね。
Posted by トヨロ at 2010年06月11日 15:46
こんな方が上司ならと思った受講生 さま

壺、売ろうかなぁ(笑)。
Posted by トヨロ at 2010年06月11日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック